menu

福島はりきゅう接骨院

〒367-0061
埼玉県本庄市小島1-4-11

TEL. 0495-24-2175











MAP
こんな症状はありませんか?

  • 毎日歩いているけれど腰痛がある
  • 筋トレしているけれど腰痛に悩まされる
  • 睡眠をしっかりとっているけれど肩こりが気になる
  • 肩こりがきついと頭痛がある。気持ちが落ち込む
  • ストレッチをしているけれど関節が痛む

皆様は少しでも元気でありたいとウォーキングやストッレチなど何かしら健康活動に取り組んでいると思われます。
しかし、現実には腰痛や肩こり、疲れやすくなったり、体が重く感じたりと悩まされることが多いと思われます。

腰痛や肩こりについての症状や処置については、他院のHPなどでご存知であると思います。
しかし、なぜ骨盤や背骨を矯正する必要があるかについては、書いてあるからくらいにしか理解できなのではないでしょうか?

そこで、当院ではこだわり根本施術を目指していることからなぜ症状が発生するのかを専門家の先生方が報告している研究データから読み解き、独自の見解になりますが、皆様が少しでも健康になっていただくように何が重要なのかをまとめてみました。

先ず、私たちの身体で起こっているデータをもとに身体の状態をみていきます。
年代別でみてみると・・

30歳以上になると約3割、60歳以上では約4割の方が
何らかしらの症状で悩まれています。

症状でみると、どのような症状で悩んでいるのでしょうか

男性・女性いずれも腰部、肩こり、手足の関節の症状に
悩まされていることがわかります。

それでは、年代別によって人間のどんな機能が衰えていくのでしょうか?

専門家の報告によると20歳をピークとしたときに男性女性いずれも筋力等に対して平衡性(バランス力)が低下が大きいことが報告されています。
年齢別でみると30歳を超えると約2割、40歳代では約3割以上低下していくことが報告されています。

また、60歳を過ぎると柔軟性や瞬発力も3割以上低下していくことが報告されています。

次に、肩・腰などの関節にどのような負担が生じると症状が起こってしまうのでしょうか?

症状の発生は下記のタイプに分かれて報告されています。

ケース1.急激な大きな外力によって身体バランスを保てず安全な範囲を超えて痛めてしまう場合

ケース2.日常生活において小さな負担が繰り返し加わった結果、身体バランスを失い症状が発生する場合

こんな症状はありませんか?

  • 毎日歩いているけれど腰痛がある
  • 筋トレしているけれど腰痛に悩まされる
  • 睡眠をしっかりとっているけれど肩こりが気になる
  • 肩こりがきついと頭痛がある。気持ちが落ち込む
  • ストレッチをしているけれど関節が痛む

皆様は少しでも元気でありたいとウォーキングやストッレチなど何かしら健康活動に取り組んでいると思われます。
しかし、現実には腰痛や肩こり、疲れやすくなったり、体が重く感じたりと悩まされることが多いと思われます。

腰痛や肩こりについての症状や処置については、他院のHPなどでご存知であると思います。
しかし、なぜ骨盤や背骨を矯正する必要があるかについては、書いてあるからくらいにしか理解できなのではないでしょうか?

そこで、当院ではこだわり根本施術を目指していることからなぜ症状が発生するのかを専門家の先生方が報告している研究データから読み解き、独自の見解になりますが、皆様が少しでも健康になっていただくように何が重要なのかをまとめてみました。

先ず、私たちの身体で起こっているデータをもとに身体の状態をみていきます。
年代別でみてみると・・

30歳以上になると約3割
60歳以上では約4割の方が
何らかしらの症状で悩まれています。

症状でみると、どのような症状で悩んでいるのでしょうか

男性・女性いずれも腰部、
肩こり、手足の関節の症状に
悩まされていることがわかります。

それでは、年代別によって人間のどんな機能が衰えていくのでしょうか?

専門家の報告によると20歳をピークとしたときに男性女性いずれも筋力等に対して平衡性(バランス力)が低下が大きいことが報告されています。
年齢別でみると30歳を超えると約2割、40歳代では約3割以上低下していくことが報告されています。

また、60歳を過ぎると柔軟性や瞬発力も3割以上低下していくことが報告されています。

次に、肩・腰などの関節にどのような負担が生じると症状が起こってしまうのでしょうか?

症状の発生は下記のタイプに分かれて報告されています。

ケース1.急激な大きな外力によって身体バランスを保てず安全な範囲を超えて痛めてしまう場合

ケース2.日常生活において小さな負担が繰り返し加わった結果、身体バランスを失い症状が発生する場合

私たちが意識すること
私たちが意識すること

私たちの身体は、強い力だけではなく、弱い力でも繰り返し負担が生じると負担に耐えられなくなり痛めてしまうことがわかりました。

私たちの身体は、機能的には30歳代になると身体の平衡性(バランス力)に衰えがみられはじめ、症状的には腰痛や肩こり、手足の関節が痛む症状がみられることがわかりました。

また、60歳台になると瞬発力や柔軟性も衰えていくことから約4割の方に症状がみられはじめることがわかりました。

これらのことから、私たちの身体は20代のピークを過ぎると機能低下がはじまり、30歳代でも身体の平衡性(バランス力)に衰えがみられはじめた際には、柔軟性等も含め身体のサポートをする必要があることがわかりました。

また、対応をしないと年齢を重ねていく事によって機能低下が進むことから、建設・介護・サービス業などの身体バランスを必要とする従事者の方は労働災害など身体の痛みに悩まされる可能性が高くなることに注意する必要があると思います。
私たちの身体は、強い力だけではなく、弱い力でも繰り返し負担が生じると負担に耐えられなくなり痛めてしまうことがわかりました。

私たちの身体は、機能的には30歳代になると身体の平衡性(バランス力)に衰えがみられはじめ、症状的には腰痛や肩こり、手足の関節が痛む症状がみられることがわかりました。

また、60歳台になると瞬発力や柔軟性も衰えていくことから約4割の方に症状がみられはじめることがわかりました。

これらのことから、私たちの身体は20代のピークを過ぎると機能低下がはじまり、30歳代でも身体の平衡性(バランス力)に衰えがみられはじめた際には、柔軟性等も含め身体のサポートをする必要があることがわかりました。

また、対応をしないと年齢を重ねていく事によって機能低下が進むことから、建設・介護・サービス業などの身体バランスを必要とする従事者の方は労働災害など身体の痛みに悩まされる可能性が高くなることに注意する必要があると思います。
そこで、当院がオススメ治療法は
ポイントはバランス力向上にあり!!
ポイントはバランス力向上にあり!!
当院が延べ20万人以上の施術実績から
IT活用式根本施術をオススメする理由はここにあります。
当院が延べ20万人以上の施術実績から
IT活用式根本施術をオススメする理由はここにあります。
姿勢測定器を使用した施術

ゆがみーるは東大発ベンチャーが制作した高性能姿勢測定器であり、他者の測定機と比較して高精度に姿勢の傾きや筋肉のアンバランスを評価できます。

当院では、他院で行う問診だけではなく、理学検査、さらに姿勢測定器から得られる情報から総合的に症状の原因やバランス力などの機能低下などを分析し施術計画に役立てています。

ゆがみーるは東大発ベンチャーが制作した高性能姿勢測定器であり、他者の測定機と比較して高精度に姿勢の傾きや筋肉のアンバランスを評価できます。

当院では、他院で行う問診だけではなく、理学検査、さらに姿勢測定器から得られる情報から総合的に症状の原因やバランス力などの機能低下などを分析し施術計画に役立てています。

高性能治療器を最大限に活用した痛みの軽減
当院が使用している高性能治療機器は、有名アスリートや著名人が使用しており、安全かつ効果が高いとされている医療機器です。

痛みが強い時期では疼痛抑制に特化した設定、機能回復期では筋力回復、神経調整に適した設定にして皆様の日常生活をサポートしています。
メーカー担当者によると頚部や腰部、膝部などの各関節への刺激だけではなく、身体の安定性付加、呼吸筋へのアプローチ、自律神経へのアプローチ、フェイシャル(顔の表情筋ケア)などを行える高性能治療器であることをオススメしています。
立体動態波モード
3対の異なる高い周波数の電流が生体内部で干渉し、立体的で複雑な電流のうねりを発生させます。6点の電極から流れる電流が3次元的に干渉することで、生体深部の筋や神経にも刺激を与えることができます。また、搬送周波数をスウィープさせることで表層部から深層部まで広範囲に治療が行えます。
3D MENSモード
微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体的に行います。立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させません。MCRモードよりも深い部位への治療が可能です。
3D EMSモード 3D神経筋電気刺激療法
自分の意志とは関係なく不随意的な筋収縮を引き起こす、神経筋電気刺激療法を立体的に行います。EMSモードよりも深い部位への治療が可能で、筋萎縮の改善や低下した筋力のトレーニングなどにお使いいただけます。

回転モード
複雑な筋収縮を引き起こし、大腰筋などの深部の筋を刺激することが可能です。

メーカーによると肩関節周囲炎、腰痛、坐骨神経痛、ばね指、腱鞘炎、変形性膝関節症、関節捻挫など様々な症状に対して刺激を行える高性能機器であるとおススメしています。

深部の患部も直接温める立体加温
超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

1つのプローブで1MHz・3MHzに対応。プローブの
中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。

1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

プロスポーツ選手やトップアスリートの間で広く使われるようなった『鎮痛』と『治癒促進』のための最新の治療機器です。
Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]  オススメモード
高電圧の刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流量増大、治癒促進などに利用できます。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。
MCRモード[マイクロカレント療法]
μA(10-6A)という微弱な電流で、損傷の治癒を促進。スポーツ後の筋肉痛の軽減に適しています。また、感覚閾値下刺激で、顔面周辺や創部周辺への治療に最適です。
出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。
3DMENS®モード[立体動態波R刺激療法・マイクロカレント療法]
立体動態波®モードの1/1,000の0~1,000μAという微弱な電流を流し、刺激を与えます。MCRモードを立体動態波®で行う世界で初めての伊藤超短波独自の治療モード。MCRモードより深い部位の治療が可能です。
Pro-EMSモード[神経筋電気刺激療法]
筋収縮を引き起こし、筋力を強化。医療や健康科学、スポーツ科学の幅広い分野に利用されています。2チャンネル独立使用/並列使用/交互使用が可能です。
ミナト医科学 干渉波治療器 スーパーカイネ
関節痛や筋肉痛に対する疼痛緩和や筋肉増強効果が期待できるといわれています。

周波数の異なる搬送波をカラダに流し、2つの搬送波が互いに干渉し合う領域に発生する干渉波周波により治療を行います。この治療は、従来の低周波治療器に比べて数十倍の高い周波数を用いているため、多量の電気エネルギーを無理なく、そして不快感なく身体(皮下組織)に充分な刺激として加えられるようになっています。
ミナト医科学 牽引器 トラックタイザー

腰椎又は頚椎を牽引することにより、椎間孔を拡開し、椎間関節を離開し、神経根を除圧します。また、椎間関節周囲の軟部組織を伸張し、マッサージ効果により循環を改善するといわれています。
当院が使用している高性能治療機器は、有名アスリートや著名人が使用しており、安全かつ効果が高いとされている医療機器です。

痛みが強い時期では疼痛抑制に特化した設定、機能回復期では筋力回復、神経調整に適した設定にして皆様の日常生活をサポートしています。
メーカー担当者によると頚部や腰部、膝部などの各関節への刺激だけではなく、身体の安定性付加、呼吸筋へのアプローチ、自律神経へのアプローチ、フェイシャル(顔の表情筋ケア)などを行える高性能治療器であることをオススメしています。
立体動態波モード
3対の異なる高い周波数の電流が生体内部で干渉し、立体的で複雑な電流のうねりを発生させます。6点の電極から流れる電流が3次元的に干渉することで、生体深部の筋や神経にも刺激を与えることができます。また、搬送周波数をスウィープさせることで表層部から深層部まで広範囲に治療が行えます。
3D MENSモード
微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体的に行います。立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させません。MCRモードよりも深い部位への治療が可能です。
3D EMSモード 3D神経筋電気刺激療法
自分の意志とは関係なく不随意的な筋収縮を引き起こす、神経筋電気刺激療法を立体的に行います。EMSモードよりも深い部位への治療が可能で、筋萎縮の改善や低下した筋力のトレーニングなどにお使いいただけます。

回転モード
複雑な筋収縮を引き起こし、大腰筋などの深部の筋を刺激することが可能です。

メーカーによると肩関節周囲炎、腰痛、坐骨神経痛、ばね指、腱鞘炎、変形性膝関節症、関節捻挫など様々な症状に対して刺激を行える高性能機器であるとおススメしています。

深部の患部も直接温める立体加温

超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

1つのプローブで1MHz・3MHzに対応。
プローブの中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。

1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

プロスポーツ選手やトップアスリートの間で広く使われるようなった『鎮痛』と『治癒促進』のための最新の治療機器です。
Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]
オススメモード

高電圧の刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流量増大、治癒促進などに利用できます。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。
MCRモード[マイクロカレント療法]
μA(10-6A)という微弱な電流で、損傷の治癒を促進。スポーツ後の筋肉痛の軽減に適しています。また、感覚閾値下刺激で、顔面周辺や創部周辺への治療に最適です。
出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。
3DMENS®モード[立体動態波R刺激療法・マイクロカレント療法]
立体動態波®モードの1/1,000の0~1,000μAという微弱な電流を流し、刺激を与えます。MCRモードを立体動態波®で行う世界で初めての伊藤超短波独自の治療モード。MCRモードより深い部位の治療が可能です。
Pro-EMSモード[神経筋電気刺激療法]
筋収縮を引き起こし、筋力を強化。医療や健康科学、スポーツ科学の幅広い分野に利用されています。2チャンネル独立使用/並列使用/交互使用が可能です。
ミナト医科学 干渉波治療器 スーパーカイネ
関節痛や筋肉痛に対する疼痛緩和や筋肉増強効果が期待できるといわれています。

周波数の異なる搬送波をカラダに流し、2つの搬送波が互いに干渉し合う領域に発生する干渉波周波により治療を行います。この治療は、従来の低周波治療器に比べて数十倍の高い周波数を用いているため、多量の電気エネルギーを無理なく、そして不快感なく身体(皮下組織)に充分な刺激として加えられるようになっています。
ミナト医科学 牽引器 トラックタイザー

腰椎又は頚椎を牽引することにより、椎間孔を拡開し、椎間関節を離開し、神経根を除圧します。また、椎間関節周囲の軟部組織を伸張し、マッサージ効果により循環を改善するといわれています。
検査結果を総合的かつ効果的に活用した施術
問診、理学検査、姿勢の傾きと筋肉の状態を確認して患者様に合った施術を提供。

一例 検査結果から腰痛の原因が関節と筋肉にあり、そのアンバランスが肩から足まで及んでた場合。
問診、理学検査、姿勢の傾きと筋肉の状態を確認して患者様に合った施術を提供。

一例 検査結果から腰痛の原因が関節と筋肉にあり、そのアンバランスが肩から足まで及んでた場合。
交通事故やスポーツなど急なけがについてはどのように治療を行いますか?
炎症や痛めた組織を修復するために段階に応じた施術を行います。
―急性期 第1段階―
寒冷療法、温熱療法、電気刺激療法、はり、マッサージ、軽度の運動療法、固定(テーピング コルセットなど)
―リハビリテーション時期 第2~3段階― (関節や筋の動きを取り戻す時期)
Q
痛みや症状がぶり返さないためにどんな施術をおこなっていますか?
A
先ず、再発を繰り返すメカニズムは、以下のような要因があるようです。
損傷した関節の弛緩性→神経の反応が低下→筋肉による支持が低下→安定性が低下→負担を受けた際に再受傷
組織の損傷や関節に緩み(歪み)があると神経の反応が低下し筋肉によるサポートが得られにくく、安定性が低下し日常生活時における負担に影響を受けて再受傷(ぶりかえし)しやすくなります。
1.痛みのぶり返しについて
鍼とテーピングを活用し日常生活時における繰り返しの負担について対応できるように行っています。
セイリン  パイオネックス:日常生活時にでも使える鍼を
使用し、刺激を繰り返し加えることで痛みの軽減をサポートします。仕事やスポーツ時など問題となる動作について、テーピングによるサポートを行うことによって安定性を高めます。
2.運動療法と手技療法を組み合わせた施術を行っています
ヒトには負荷を与えられた後に休息を与えると人間の耐性は回復し高まる反応があることが報告されています。
筋力とバランス力を高めるように負荷を与え運動療法を施す。スチレッチとマッサージの手技療法で、回復するように施す。角度を変えて負荷を与え運動療法を施す。
運動療法(負荷)を行った後に、手技療法(休息)を加えて、さらに運動療法を行う仕組みを繰り返し行うことで機能回復をさせていきます。
―急性期 第1段階―
寒冷療法、温熱療法、電気刺激療法、はり、マッサージ、軽度の運動療法、固定(テーピング コルセットなど)
―リハビリテーション時期 第2~3段階― (関節や筋の動きを取り戻す時期)
・柔軟性を高める(制限されている動作を改善する)
・神経を意識させながら、筋肉を使う運動を行う
組織の損傷や関節に緩み(歪み)があると神経の反応が低下し筋肉によるサポートが得られにくく、安定性が低下し日常生活時における負担に影響を受けて再受傷 (ぶりかえし)しやすくなります。
痛みのぶり返しについて
鍼とテーピングを活用し日常生活時における繰り返しの負担について対応できるように行っています。
痛みのぶり返しについて
運動療法(負荷)を行った後に手技療法(休息)を加えて、さらに運動療法を行う仕組みを繰り返し行うことで機能回復をさせていきます。
雑誌に取り上げられました
雑誌に取り上げられました

ここがポイント!痛みを取ることだけでは症状は改善されません。大変なのは問題となった動作の改善と再発しない身体作りです!痛みのぶり返しや再発防止には、接骨理論・鍼灸理論・人間科学の考え方をその患者様に適するように組み合わせて活用することがポイントと考えます。①しっかと検査・問診・触診をして痛みの原因を確認します。②痛みの原因を確定したらその痛みに合わせた治療をします。③痛みの治療後、痛みの出る原因の説明と再発防止の指導をしていきます。
申し訳ありません。次のような方はお断りをしております。・飲酒をしている方・症状や体調から治療が適さないと判断される方・暴力団等の反社会性力の方・入れ墨、タトゥー等があり治療に影響すると判断される方・その他当院が不適当と判断される方
症状別治療内容のページはこちら
  • 交通事故治療でお困りの方はコチラ
  • 腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方はコチラ
  • 坐骨神経痛・ヘルニアでお悩みの方はコチラ
  • 肩こり・頭痛でお悩みの方はコチラ
  • 四十肩・五十肩でお困りの方はコチラ
  • 産後の骨盤矯正・姿勢矯正でお悩みの方はコチラ
  • 捻挫・成長痛やスポーツ外傷などはコチラ
  • 治療方法・治療器紹介などはコチラ
  • 地域活動・研究・取り組みについてはコチラ
  • スタッフ紹介についてはコチラ
  • 当院へのアクセスはコチラ
受付時間
9:00~12:30
(予約制)
9:00

13:00
9:00

13:00
15:00~20:30
(予約制)